令和元年度 実践研修報告会を行いました!

2020年01月24日 イベント情報

 

 当事業団では、サービスの質の向上を図るため、職員が自己評価から得られた課題に取り組み、その成果等を報告する「実践研修報告会」を平成30年度から実施しています。今年度は、非常勤理事、監事及び評議員の皆さまにもご出席いただき、令和2年1月19日(日)に開催しました。

 また、理事長、専務理事兼事務局長、そして6施設長を合わせた8名の審査員による審査を行い、理事長賞は「養護老人ホーム長生園」、チームワーク賞は「在宅サービス課」が受賞しました。

 


 

【内容】※報告順

障害者支援施設 いちい寮

テーマ「いちい寮に潜む危険箇所 ~事故を無くして安全な事業所づくり~」

 

実践内容:施設の老朽化、入所者の高齢化に伴い、発生する可能性のある事故について

     職員へアンケートを実施し、その結果を基に改善策を探った。

 


 

母子生活支援施設 小菊荘

テーマ「入浴に関する問題の改善へ向けて」

 

実践内容:入所者から寄せられた入浴に関する希望・意見を基に、課題を抽出した。

     入所者の快適な生活を目指し、課題解決に向け取り組んだ。

 


 

在宅サービス課 ☆チームワーク賞受賞

テーマ「緊急時の対応 ~ヘルパーとして何ができるか~」

 

実践内容:平成30年度の自己評価結果から、最も緊急性・重要性の高いものとして、

     災害時の緊急時の対応について取り組み、利用者と訪問介護員の共通理解を

     図った。

 


 

養護老人ホーム 長生園 ☆理事長賞受賞

テーマ「噛む噛むComeback!! ~口腔ケアで健口長寿を目指す~」

 

実践内容:歯科医師による検診結果を受け、入所者の口腔ケアが不十分であることが

     判明し、課題とした。職員・入所者ともに口腔ケアを日常生活に取り入れ、

     習慣づけるための取り組みを通し、口腔ケアの効果を検証した。

 


 

児童養護施設 浩々学園

テーマ「浩々学園の子どもたちの未来のために」

 

実践内容:施設の基本理念を作成し、行事目的の明確化、支援の方向性の統一及び共有   

     を図った。

 


 

障害児入所施設 うみねこ学園

テーマ「職員の専門性向上への取り組み

    ~障害者観の変遷、最新の福祉の動向や制度を学ぶ~」

 

実践内容:職員の福祉知識を増やすことにより、専門性の向上を目指した。

 


 

 

※養護老人ホーム長生園 報告の様子

 

最上部へ 前ページ